今契約している保険が掛け捨てではなく、満期保険や終身保険など積み立て型保険の場合は、それを担保に契約者貸付制度を利用して生命保険会社からお金を借りることが出来ます。

契約者貸付制度は、契約している保険の解約返戻金の70%ぐらいを上限に貸付できる制度です。
例えば現時点での解約返戻金が100万円だとしたら70万円を借りることが出来ます。特に収入証明など面倒な書類を提出する必要もなく審査もないので確実に借りることが出来ます。

手続きとしては、直接保険会社の窓口に来社するか電話連絡して、必要書類を郵送してもらう方法があります。書類が届いたら必要書類を記入し返送します。後日指定口座にお金が振りこまれます。

その他、保険会社によりますが、インターネットからの申し込みが可能な会社や契約時に契約者貸し付けにも利用可能な保険カードが発行されている場合は、対応ATMを使って貸付できます。もちろん借りた金額に対して利息はかかってきますので、返済が必要です。

返済方法も、保険会社の窓口に直接行くか、提携しているATMでの返済もしくはインターネットバンキングが利用可能ならそちらで返済可能です。返済を怠っていると積み立て型保険なら満期でもらえる金額が利息分実際に思っていたより少なくなったり、場合によっては利息が上回るとマイナスになることもあるので気をつけて下さい。

■参考になったサイト
契約者貸付|公益財団法人 生命保険文化センター